関東別院は地域の人達のために活動している

阿含宗は宗派としての歴史は浅いのですが、多くの信徒がいて修行をしています。仏舎利供養や先祖供養、仏解脱行を中心とした修行を行っており、それぞれの信徒が仏陀の教えを実践しているのです。そんな阿含宗は日本中で活動しており、関東地方においては関東別院が中心となって布教活動に努めているのです。寺院には多くの人が集まり、地元の人達との交流も盛んに行われています。

関東別院ではさまざまなイベントを行っています。たとえば荒川と隅田川を船で航行しながら船上で法要を行ったことがあります。船の上から水害犠牲者の供養をすることによって、地域安穏を祈念しているのです。このように地域の人達のために法要を行う機会はたくさんあります。阿含宗というのはけっして自分達のためだけに活動しているのではなくて、きちんと地域社会の人達にも貢献しているのです。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 結婚相手を見つける場所として、合コンや街コンといったワイワイ盛り上がる場が苦手な方もいるでしょう。か…
  2. 心が休まる落ち着いた雰囲気が特徴の蒲田 ダイニングバーで、大切なひと時を過ごしてみてはいかがでしょう…
  3. MYKURA.comは、岩手県盛岡市 トランクルームに関する情報を出してくれます。ちょっとした情報に…
ページ上部へ戻る