【セカンドアース/レム】現実と仮想が作る世界で本当の価値を創造

近年、仮想通貨が普及したことにより、その場に実在しないモノに対しての考え方や認識は徐々に理解され始めています。また、技術の進歩により、その場に実在しないモノを認識し、体験する機会も多くなりました。VR、正式にヴァーチャルリアリティの世界がわたしたちにとって身近なものとなりつつあります。この2つに共通して言えることは、どちらも革新的な技術を兼ね備えているということです。

仮想通貨の世界を成立させるためのに、ブロックチェーンと呼ばれる技術が用いられました。また、VRに関しては、VRそのものが技術の総結晶と言えます。今、この2つの革新的技術に目をつけ、現実世界と空想世界を融合した、全く新しい仮想世界を展開しようとするプロジェクトが動き出しています。そのプロジェクト名をセカンドアースといいます。

セカンドアースのシステムは、現実世界ではなかなか実現が難しい世界を生成することができるようになっています。つまり、自由、平等、安全を理想とする世界が構築され、そのポテンシャルは最大限の効果を発揮し、現実世界へ100%等身大のまま還元されます。

セカンドアースの仕組みを理解する上でまず、セカンドアースの世界の中で使われる通貨を知る必要があります。その通貨はレム(RHEM)と呼ばれています。セカンドアースにアクセスすると自動的にマイニングがされ、レムを手に入れることができるようになっています。このセカンドアースには、スマートフォンやノートパソコン、高性能VRヘッドセットなど、マルチデバイスからアクセス可能となっています。オフィスやコマース、ゲームなどの総合的なサービスが存在し、更にはユーザーが自らサービスや商品を作り出せるため、無限の可能性に満ち溢れています。これらはブロックチェーンによって分散管理されているため、不正のない安全で効率的な取引や生活をVR空間にもたらします。そして冒頭で説明したようにレムを手にすることになります。このサイクルでセカンドアースは成り立っています。

安全かつ確実に個人が仮想空間に存在し、自由自在に仮想空間を活用できるようになります。現実と想像が融合し、セカンドアースは単なるファンタジーではなく、現実世界の主体に根ざした、現実のもう一つの表現となります。

関連記事

ピックアップ記事

  1. やまなし食育推進ボランティアについて中込直樹は、山梨県における食育の現状について調べてみました。現在…
  2. メイクや髪型をいろいろ変えておしゃれを目一杯楽しみたい人も、日頃の疲れがたまっている人も、髪や頭皮を…
  3. ラーク動物病院は1994年の開業以来、レベルの高い獣医療と飼い主が大切なペットを安心して任せることが…
ページ上部へ戻る