フリーター浦壁伸周の贅沢な楽しみ

青森出身の浦壁伸周は、フリーターでありながらも贅沢な楽しみを持っています。それは旅行をして写真を撮るということです。もちろん、近年は旅行も贅沢なことだとは言えない時代となっています。しかし浦壁伸周は運送業の仕事をしながら、かなり頻繁に合間を見つけては旅行に旅立っているのです。そこで彼がおこなっているのが、写真を撮影するということです。旅行の楽しみと言えば、写真を撮ることを挙げる人も少なくありません。彼自身も、その写真の魅力にすっかり囚われてしまっている住人なのかもしれません。写真の世界は、決して嘘のない世界です。浦壁伸周の場合は、そういう写真の世界に魅了され、どこに行くにもカメラは手放せません。仕事を普段は頑張り、お金が貯まったら旅に出る。何とも彼の人生は贅沢に満ちています。その生き方が有意義だと思う方も多いでしょう。だからこそ、近年でも旅をやめず、むしろ暇を見つけては旅立っているのです。彼のような人間がいるからこそ、勇気を貰えるという人もいるのではないでしょうか。

好きなことを追求していくことは、簡単なことではありません。彼の場合は運送業です。厳しい世界だと言えるでしょう。業務も近年は厳しくなっていて、給料が高いとも言えない業界です。しかし、彼はその仕事に責任を持って取り組み、実直に働いています。それが社内でも評価されていて、定期的な休みの取得にも繋がっているのではないでしょうか。もちろん、お土産も忘れない浦壁伸周は、社内でも愛されている存在です。フリーターと聞くと、世間的にはあまり印象が良くないかもしれません。しかし、彼の場合は好きなことを突き詰めた結果、この生き方が合っていたのだと言えるでしょう。これからも暇を見つけては旅立ち、世界の写真を撮ってきてくれるのではないでしょうか。そういう意味では、彼の活躍にも今後期待したいところです。もちろん、ただのフリーターと言えばそこで終わりです。しかし、彼のように好きなことを突き詰めている若者は、なかなかいません。

写真と出会ったことで、彼の人生もまた変わったと言えるのではないでしょうか。これからも多くの写真を撮り、彼は人生というアルバムを作っていくに違いありません。それを人生最後の日に見て、楽しい人生だったと言えるなら、それが彼自身の素敵な生き方だったと言えるでしょう。フリーター浦壁伸周は、これからもその贅沢な楽しみを続け、写真を楽しんでいくのではないでしょうか。

関連記事

ピックアップ記事

  1. とくとく便有限会社の年商は、今や3億円を軽く超えています。車両による輸送の会社ですが、現在の従業員は…
  2. ハーバード大学に在籍している谷尾和昭。これだけでも相当頭の良い人間なのだなと分かるかと思いますが、谷…
  3. img2796c88b9982c9a24acd3fb5c7d7fbf0ed9467554078.bmp
    美味しいコーヒーをいただきながらランチを楽しみたい、という方におすすめしたいお店があります。札幌の大…
ページ上部へ戻る