竹原虎太郎のはまっている激辛料理

竹原虎太郎は、激辛料理にはまっています。小さいころから辛いものが苦手ではなく、若いころから辛いものが好きでした。しかし激辛と呼べるまでの辛い料理に出会ったことはなく食べたこともありませんでした。大人になりある程度落ち着いてから外食などが増え激辛料理と出会ったのです。それからは、はまりにはまっており毎日のように食べたいくらい激辛料理が好きなのです。
激辛料理とひとことで言っても辛い要素にも数種類あり、使われているものが異なります。まず多くの激辛料理に使われているのが唐辛子です。唐辛子の中でもたくさんの種類があり、唐辛子にこだわっているお店こそが真の料理人だと思っています。その他、ワサビやサンショウ、ショウガ、ペッパーなどやカレーなどではたくさんの種類のスパイスが利用されています。竹原虎太郎は、とにかく辛いものが好きなのでどの辛さも好んで食べます。しかし、辛いだけでは物足らず激辛を求めているので濃く刺激的な唐辛子の辛さが一番のお気に入りです。辛い料理の代表とも思われるタンタン麺やトムヤムクンなどの辛さが好きで、汗をかきながら食べるのがたまらなくおいしいのです。
唐辛子の辛みの成分であるカプサイシンは、ダイエットにも良いとされています。大量の摂取は人によっては危険だとも言われていますがほどよく取ることで健康にも良いので竹原虎太郎は知人へもすすめています。
しかし、竹原虎太郎の辛いもの好きは通常の辛いを通り越し、激辛が好きなので激辛料理を食べるには一緒に行ける人がおらずひとりで外食することも多いです。夏でも冬でも昼でも夜でも関係なく激辛料理を好んで食べるのです。近場は平日のお昼や仕事帰りにも行くことができるので休みの日には、少し遠出をしては激辛料理を探し求めています。激辛料理マップが作れるほど知っているのではないかと思うほどたくさんの場所を訪れています。

よく、韓国人が日本のキムチや唐辛子の辛さに対して辛くないと言います。日本人は辛い料理も一般的にみんなが食べられる辛さに調節して作ることが多いからです。日本で販売されているキムチをはじめ、香辛料を含む料理も日本人向けにアレンジされているものが多いです。竹原虎太郎は、このような一般的な日本人が好む辛さでは物足らず海外の料理を好んで食べます。自宅で自分で作る場合も海外産のものを利用することが多いです。キムチなども韓国産を購入します。時には、通常のスーパーなどで販売されているものでは満足できず専門的なお店やネットで探して購入することもあります。香辛料に関しては、近年スーパーなどでも手に入りやすくなっており喜んでいます。
激辛料理が好きすぎて本場の辛さを味わいたくなり、海外旅行へも行くことがあります。激辛料理を目当てに旅行するのです。やはり本場の料理は辛さが違い竹原虎太郎はとても満足できます。
外食の際には韓国料理や中華料理、インド料理を食べに行くことも多いです。やはりその国の人が作っているお店が好きで、情報をリサーチしてはその店を訪れます。時には、激辛料理を完食し店主が驚くほどです。激辛料理を食べた後は、スカッとして集中力が高まるとも言います。
また、韓国料理や中華料理、インド料理の他にもラーメン専門店などでも激辛ラーメンを提供しているお店が多くあります。ラーメン店は、たくさんのお店があり比較的遅い時間まで開いていることが多いです。昼にも夜にも利用しやすく一人でも入りやすいです。飲んだ後などにも食べたくなり、ひとりで行くことも多いです。激辛という二文字には敏感に反応し新しいお店やメニューをみつけては食しているのです。

もうひとつ、竹原虎太郎が大好きなのがカレーです。カレーはスパイスを多く利用しており辛い料理の定番とも言えます。竹原虎太郎がはまっている有名店のカレーがあり独特の辛みがあります。後に残らない辛さでさっぱりとしています。このカレーがお気に入りでよく食べに行きます。元の辛さのものはさっぱりした辛みですが、辛さを調節することができます。ここで食べた激辛カレーこそが、竹原虎太郎が激辛料理にはまったきっかけなのです。激辛料理好きになった原点であるカレーは、激辛料理の中で一番のお気に入りです。何かあるたびに、食べに行きますが激辛度がストレスの発散にもなると言います。
カレーを専門的に扱っているお店では辛さを0からの数字で用意され調節できるようになっていることが多く注文時に自分で決めることができます。中には50倍や100倍といった辛さの激辛カレーを提供しているお店も多くあります。
竹原虎太郎は必ずそのお店のメニューの中で辛めな注文を行い、激辛カレーを堪能するのです。辛いだけではなくおいしい店には、おいしい激辛料理があると考えています。おいしい激辛料理を求め、たくさんの場所の激辛と称している料理をこれからも食べ続けていくでしょう。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 大人ならではの素敵な夜の時間を熊本市 ショットバーで楽しんでみてはいかがでしょうか。じっくりと時間を…
  2. 徳永祐助のようにインテリアデザイナーとして活動していくためには、クライアントとの関係性が非常に重要で…
  3. ラーク動物病院は1994年の開業以来、レベルの高い獣医療と飼い主が大切なペットを安心して任せることが…
ページ上部へ戻る